FC2ブログ
07 月<< 2019年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
9月1日(土)

ついに行ってきました富士山!!


始めての富士山なのに、須走コース日帰りというハードコース

どうなることやら・・・



スタートは4時半でしたが、

急に雨が降ってきたのでいきなりの雨宿り

そんなこんなで結局5時出発(標高2000m)


あたりは暗いので、ヘッドライトが必須です

真っ暗の山道は怖いです

ご来光の人たちはこの暗さで登るのだから大変ですね~



徐々に明るくなってきて六合目に着く前にご来光です

日帰りだから仕方ないですけどね

日の出


須走口は始めは林の中を進みます

わかりづらいですが、中央の棒が立っているところが六合目です

6合目

徐々に木の高さが低くなって、

ところどころ禿げている感じになってきます



本六合目に7時到着
ちょうど2時間

本六合目

これは本六合目からの頂上です

あんなところまで行くのか~とちょっとげんなりします


よいこらよいこら


一歩ずつ


次のポイントまでがんぱろう!



7時45分 ようやく七合目
七合目



七合目過ぎてから勾配がさらにきつくなりキツくなります

なんとなく酸素が薄くなってきた気もします

標高は2900mくらいなので薄いはずです


物資運搬車

途中山小屋に物資を運ぶ運搬車が登って行きました

かなり急なところを登っていくのですね~




さらにきつい勾配を登っていきます


よいっしょ、よいっしょ


う~んキツイ


八合目はまだか~




なんと八合目あたりから雲に覆われ・・・


雨が降ってきてしまいました

8合目の雨

あわてて合羽を着こんで

ザックカバーがないのでゴミ袋に穴をあけてかぶせてます


雨の中歩き続けます


寒いよ~


苦しいよ~



軽く頭が痛くなってきたので

深呼吸をしながらゆっくり登ります


九合目

これは九合目を過ぎたあたり


そうそう八合目からは吉田ルートと合流しますので混んでますよ

しかしこの天気

景色はおろか、先までロクに見えません。。


この九合目から頂上までが、本当にきつかった

かなりの急勾配

その上酸素が薄い


まわりの人々もみんな相当きつそうです

少し登っては休んでの繰り返し・・・



もうだめだ~


無理だ~


でももう少しで頂上だから登るしかない~




そしてついにゴールの鳥居が・・・!!
torii

この時は、ここまでのあまりのつらさに

涙がでそうでした・・・(笑)



そして12時10分  
ついに登頂
富士山山頂
やったぞ~!!


うーん、まわりの景色は全く見えない。。

どれだけ登ったのかの目で見える成果は・・・なし!!


時計の高度計だけが、私の頑張りを認めてくれました

標高3720m

買ってよかったSUNNTOの時計

SUNTO



一番高い剣ヶ峰へは時間的制約で断念し(体力的にも

13時下山開始



帰り道は砂走りといわれる急勾配の砂道で

どんどん下りていけるのですが

登りで疲れ切った足ではそれでもツライ


砂走り

元気だったら滑るように走れるので楽しかったでしょうが・・・


そして3時間ほどで下山

もう本当にヘトヘトでした



さらに悲惨なことに下山後の高山病になりました


下山コースで一気に下りた上に

急いで五合目を下りたのがいけなかったのか


吐き気と頭痛に見舞われ

吐いても吐いても治まらず・・・


帰り道の中央道は大渋滞

その間も止まらず・・・(運転手さん車内でゴメンナサイ)


結局3時間くらいずっと続きました



というなんとも悲惨な富士登山


一生忘れられない思い出になりそうです(笑)



結論!!

①体力に自信のない方は、一泊二日で行きましょう!

②装備は万全すぎるくらいが安全です

③時間に余裕を持って登り下り共に高山病対策をしましょう



最後に富士山登頂の勲章です
富士山ピンバッチ
スポンサーサイト
益子に行ってきました

スカイツリー



益子はおしゃれなカフェがたくさん

庭づくりや外構の参考にもなりますね~


窯元よこやまにあるカフェでランチ

P1020802.jpg

ここでは料理皿はもちろん

ビール用カップから水飲みまで益子焼きです

ランチ


冷製坦々麺
ピり唐でおいしいかったです


益子でのお買いものは

益子焼き急須

急須セットと

益子焼 箸置き

きのこ箸置き&ぶーちゃんです



さてさて買い物を済ませ次はいざ那須へ









ずっと行きたかったアルパカ牧場へ

期待以上の場所でした~

アルパカ牧場

入口

ここから入ります

アルパカ放牧

放牧されているアルパカたち

アルパカ

今はカットされてふわふわじゃないんですね

6月の梅雨前にカットしちゃうそうです

いたずらでいろんなカットがされています





でもいました、最高にふわふわのアルパカちゃん!!


一緒におさんぼができる子供のアルパカちゃんは

カットされていませんのでもふもふです


アルパカとお散歩

めちゃくちゃかわいい

気性はおとなしく、馬と一緒で後ろから近づかなければ
触っても怒りません

でも草を食べてばっかりいるので写真を撮るのが難しいんですょ

P1020845.jpg


ほんとに もふもふ

P1020847.jpg

この子がまた激カワなんです!!

我ながらかわいく撮れたな~




あとCMで出演中の6代目クラレことミルキィちゃんとの

無料撮影会がありましたので撮ってもらいました


ミルキィちゃん

この子はさらにふわっふわでした




は~ということで今回は栃木での癒し旅となりました

益子もですが、アルパカ牧場は特におススメです!!
職場の仲間と平標山に行ってきました

苗場山と谷川岳の間くらいに位置している山です


朝7時過ぎに登山開始!


登り前半は生い茂った木の中を登っていきます
登山 平標
階段が多いんですね~

前日の雨でムシムシ暑い。。
汗びっちょり


9時 登りの中間地点、山の家に到着

そこからは平標山山頂(左)と仙ノ倉山(右)が望めます
平標山・仙ノ倉山


ここからは木がなく気持ち良い風を受けながら登れます


しかし

山頂は見えるているのになかなか着かない

P1020708.jpg


左手に苗場スキー場
P1020709.jpg



冬はよくみんなで滑りに行ったなぁ~


こんな感じで
苗場 冬
一番右がわたしです


ちなみに後ろに見えるのが、おそらくこの平標山の冬の姿

スキー場から見る冬の山もまた素敵なんですよねぇ




・・・と思い出に浸りつつ

と登ること一時間


ついに山頂ですっ

平標山山頂



山頂からの景色

平標山山頂からの景色
うつくしい~!
これだからつらくても登山がやめられません


そして平標山から仙ノ倉山へ

P1020720.jpg

雲がでてきました~
さっきまで天気だったのに・・・

とりあえず仙ノ倉山へ向けて行きます

P1020752.jpg
途中ちょびっとだけシャクナゲが咲いてました

一時間後

仙ノ倉山

仙ノ倉山登頂!!

ここでお昼休憩です





そこからは1時間かけて平標山へ戻り、下山します


下山コース前半は尾根沿いを下っていきます
尾根

天気は回復し、良い眺め
この尾根がまたきれいです


しかし意外と下りが急だったりするので
登りで疲れた足にさらに追い打ちをかけます
尾根下り

遠くに見える苗場スキー場の手前くらいまで下りて行かねばならないわけですね
遠い~。。


P1020769.jpg
だいぶ下りてきました

しかしこの後、尾根が終わり樹林帯を下りて行く最後の1時間が
一番きつかったですね

急こう配をひたすら下って下ってまだまだ下って・・・



最後は全員足がガクガクふらふらでした



そして3時、無事下山


総歩行時間は6時間45分。
ガイドブックには6時間40分とあるので一般的なスピードで登れたようです

ニッコウキスゲ

今回の登山は、天気の日を狙って行った甲斐があって
天気に恵まれ、素晴らしい景色が見れてよかったです


赤しそがお店に並び始めたので
今年もしそジュースを作りました

しそジュース

色がきれ~い
うちのだんなさんは好きじゃないけど、私は好き


材料は

・赤しそ  2/3袋くらい?テキトー
・水   1L
・砂糖   400g
・クエン酸 12gくらい

去年はクエン酸ではなくレモン汁でやりましたが
クエン酸の方がしそのクセがなくなっておいしい気がします

オススメです
秩父の入川渓谷に遊びに行ってきました
入口は観光渓流釣り場になっていて、
そこから渓流沿いを登っていきます
P1020642.jpg

トロッコ道を歩いていきます
緑がとってもきれい
美しい鳥のさえずりが聴こえてきます

P1020643.jpg

渓流は上から魚が見えるくらい済んでいました



そして・・・

ゴールは「赤沢出合」!

P1020651.jpg

そこには石碑があり「一級河川荒川起点」と記されていました
なるほど、ふたつの沢が合流してここから「荒川」が始まるわけですね


それから帰り道でこんな植物を見つけました

P1020660.jpg

おそらくマムシ草という花かなと


今日はとてもよい天気でよかったです
山へ行くと様々な植物や生き物に出会うことができとても楽しい

今度は久々に登山に出かけたいと思います