FC2ブログ
08 月<< 2012年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の完成見学会が決まりました

10月7日(日)です

ご都合がつきましたら是非、遊びに来てください


見学会の案内では、私たちの行きつけのお店
「海族鮮」
を紹介してもらおうと思っています。

基本は飲み屋さんですが、ランチもやっています

海族鮮入口

江戸時代に旅籠屋として使われていた建物を
改築してお店にしたんだそうです

なので店内は古民家のよい雰囲気になっています

海族鮮店内

古い調度品やテーブル、植物などとてもセンス良く飾られています

kaizoku
広い座敷もあるので宴会もできます!

私たちは、海族鮮が好きすぎて、ここで二次会をやったくらいです(笑)



そして食べ物ももちろんおいしいんです

これはお刺身のランチ

rannti

お刺身もおいしいですが
上海風唐揚げランチもおいしいです


お時間がありましたら、ぜひ海族鮮へ行ってみてください
スポンサーサイト
大工さんの工事もあと1日となりました


ということで大部分の大工工事が終わってきています

ついに階段ができました
階段

最後の最後なんですね~
やっと怖いはしご登りから解放されます

階段横には格子が入り、階段下はカウンターテーブルになります

階段は蹴上なしのスケスケ階段です



それからこれはタイル屋さん仕事ですが

薪ストーブのところの大谷石が貼られました

これは下地のALC板
ALCの下地
ALCは優れた断熱材として外壁や床組として使われていますが
石の下地で使うとは思いませんでした

その下はさらに空気層があったりして
ALCの裏

そこに大谷石を貼ると・・・
薪ストーブ 大谷石
こんな感じです

石の並べ方は、薪ストーブ担当の旦那さんが考えたタイル貼り
思ったよりいいかも



次は左官屋さん
土間玄関の豆砂利
豆砂利くん

まだ湿って黒っぽいですが、もう少し白くなると思います



ということでいろいろな業者さんが作業してくださっていますが
一番長い期間作業してもらったのは大工さんなんですよね

明日で終わってしまうというのはなんだか寂しい気がします


そういえば、今まで自分も仕事しているということもあって、
あまり大工さんの仕事を見る機会がなかったです


明日は大工さんの最後の作業をよく見学してこようと思います
今日はキッチンのご紹介


キッチンは私にとってとても重要な場所です

今住んでいるアパートは、キッチン自体も狭く
作業スペースがあまりなくて苦労しています

また食器棚や調理器具も収納スペースが少ないので溢れています


ということで、家は作業スペースと収納を重要視しました


システムキッチンはクリナップのクリンレディ
クリンレディ

選んだ理由は
・価格が比較的安い
・収納の底もすべてステンレス
・シンクがサイレントシンクという音が静かな仕様である

というところですかね


リビングと一体になっているキッチンは
音が静かな方がいいですよね~

収納の中も、鍋の底で傷汚れがつくのが嫌でステンがよかったのです




そしてキッチンの背面ですが

カウンター兼収納と吊戸棚があります

キッチン 吊戸棚 

吊戸棚下にはライトを入れて手元を照らせるようにします

これにはアイアンの取っ手と
あこがれのチェッカーガラスを入れてもらいます
(両方ともネットで探して購入しました)

アイアン取っ手


とキッチンはこんな感じです

早くこの思い通りのキッチンで料理がしたいです
建物の登記については、3段階の手続きが必要になります

①表示登記 
建物の所在地や構造・面積などの情報を登録します

②保存登記 
所有権の情報について登録します

③抵当権設定登記 
金融機関から融資をうける場合は、抵当権の設定が必要となります


ということで、この3つの手続きを
全部自分でやってしまおうと思っておりました・・・が

抵当権設定には、金融機関の資格証明書などの書類を預からなくてはできないため
ダメと言われてしまいました

なので、①②の登記だけ自分でやることにしました


今日は表示登記についてご紹介します

〈建物図面〉

図面さえ作れれば表示登記は誰でも出来ます
私はJw_cadを使って図面を作りました

使い方がほとんど分からなかったため、以前に紹介した本が大変役に立ちました

1.申請書の様式をダウンロード
  取りあえず何でも自分でやってみよう!からいただきました

2.敷地図を作成します
  土地の図面を測量図の座標から作成します
  ・まずは座標を入れたテキストファイルを作成
  ・jwの「座標ファイル」コマンドからファイル読み込みをします
  ・縮尺を1/500にして1の申請書様式に貼りつける

3.2の敷地図に建物の外形図を入れる

4.各階平面図も同様に作成し、それぞれ寸法や求積を入れる

5.「文字」コマンドで所在地や作成者、申請者欄等を埋める

で完成したものがこちら↓

登記建物図面

2の座標から図面を落とす作業がうまくいかず、
一番苦労しました~

ちなみにうちは車庫もあるので、附属家として登記します
屋根しかない部分があるので、そこは登記面積から除いてあります
(車庫のイメージは「車庫工事が始まりました」の記事参照)


ということで今日は図面作成までにしまーす
コスモスとマイホーム

現場の周辺ではコスモスがたくさん咲いています

まだまだ暑いですが、確実に秋へ移り変わっているようです



さてさて、家の完成もあと1か月を切り

いよいよ今週から車庫工事が始まりました

ヨド車庫

車庫といっても1台分だけ囲まれて、あとはカーポートみたいなのです

コレですね↓ (左右対称ですが)
ラヴィージュ

だんなさんたっての希望です

どうしても自分のガレージ的場所が欲しいということで



今は基礎部分までできています

車庫の基礎工事
意外と大きい・・・

道路から家の裏側が見えなくなっちゃいますね

う~ん。。




本体工事のほうは

エコ給湯
エコ給湯が設置されていました

コロナの370Lタイプです


内部は洗面所とトイレの天井が塗装されていました

洗面所 天井
AEP塗装ってやつです

いろんな色が選べましたが、無難に珪藻土と同じような色にしました

珪藻土はまだかな~

また作業を見に行きたいです
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
現在の現場は、足場が外され

浄化槽工事が行われました

奥の三つ並んだフタのとこですね
浄化槽

手前は雨水桝です

これは開発許可の関係で、設置が条件なんですって。。

いくつも入っていますが、これでいくらかかっているのか・・・

うーん、知りたくないですね



さて、中の様子ですが急に進んだ感じがします

玄関
手前が土間玄関で、その奥が小上がりの和室

思ったより玄関が広いのでびっくりしました

それから洗面所
洗面所カウンター

もうカウンターと棚ができてました

いい感じ


あとベランダもご紹介します
ベランダデッキ

幅は狭いですが、横に長めです

ということで
内装もだいぶ形になってきたな~という印象でした


いよいよ完成も近づいてきた気がします

あと1カ月


意外とあっという間でうれしいような、さびしいような・・・

外観

そんな今日この頃です
9月1日(土)

ついに行ってきました富士山!!


始めての富士山なのに、須走コース日帰りというハードコース

どうなることやら・・・



スタートは4時半でしたが、

急に雨が降ってきたのでいきなりの雨宿り

そんなこんなで結局5時出発(標高2000m)


あたりは暗いので、ヘッドライトが必須です

真っ暗の山道は怖いです

ご来光の人たちはこの暗さで登るのだから大変ですね~



徐々に明るくなってきて六合目に着く前にご来光です

日帰りだから仕方ないですけどね

日の出


須走口は始めは林の中を進みます

わかりづらいですが、中央の棒が立っているところが六合目です

6合目

徐々に木の高さが低くなって、

ところどころ禿げている感じになってきます



本六合目に7時到着
ちょうど2時間

本六合目

これは本六合目からの頂上です

あんなところまで行くのか~とちょっとげんなりします


よいこらよいこら


一歩ずつ


次のポイントまでがんぱろう!



7時45分 ようやく七合目
七合目



七合目過ぎてから勾配がさらにきつくなりキツくなります

なんとなく酸素が薄くなってきた気もします

標高は2900mくらいなので薄いはずです


物資運搬車

途中山小屋に物資を運ぶ運搬車が登って行きました

かなり急なところを登っていくのですね~




さらにきつい勾配を登っていきます


よいっしょ、よいっしょ


う~んキツイ


八合目はまだか~




なんと八合目あたりから雲に覆われ・・・


雨が降ってきてしまいました

8合目の雨

あわてて合羽を着こんで

ザックカバーがないのでゴミ袋に穴をあけてかぶせてます


雨の中歩き続けます


寒いよ~


苦しいよ~



軽く頭が痛くなってきたので

深呼吸をしながらゆっくり登ります


九合目

これは九合目を過ぎたあたり


そうそう八合目からは吉田ルートと合流しますので混んでますよ

しかしこの天気

景色はおろか、先までロクに見えません。。


この九合目から頂上までが、本当にきつかった

かなりの急勾配

その上酸素が薄い


まわりの人々もみんな相当きつそうです

少し登っては休んでの繰り返し・・・



もうだめだ~


無理だ~


でももう少しで頂上だから登るしかない~




そしてついにゴールの鳥居が・・・!!
torii

この時は、ここまでのあまりのつらさに

涙がでそうでした・・・(笑)



そして12時10分  
ついに登頂
富士山山頂
やったぞ~!!


うーん、まわりの景色は全く見えない。。

どれだけ登ったのかの目で見える成果は・・・なし!!


時計の高度計だけが、私の頑張りを認めてくれました

標高3720m

買ってよかったSUNNTOの時計

SUNTO



一番高い剣ヶ峰へは時間的制約で断念し(体力的にも

13時下山開始



帰り道は砂走りといわれる急勾配の砂道で

どんどん下りていけるのですが

登りで疲れ切った足ではそれでもツライ


砂走り

元気だったら滑るように走れるので楽しかったでしょうが・・・


そして3時間ほどで下山

もう本当にヘトヘトでした



さらに悲惨なことに下山後の高山病になりました


下山コースで一気に下りた上に

急いで五合目を下りたのがいけなかったのか


吐き気と頭痛に見舞われ

吐いても吐いても治まらず・・・


帰り道の中央道は大渋滞

その間も止まらず・・・(運転手さん車内でゴメンナサイ)


結局3時間くらいずっと続きました



というなんとも悲惨な富士登山


一生忘れられない思い出になりそうです(笑)



結論!!

①体力に自信のない方は、一泊二日で行きましょう!

②装備は万全すぎるくらいが安全です

③時間に余裕を持って登り下り共に高山病対策をしましょう



最後に富士山登頂の勲章です
富士山ピンバッチ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。